DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/05(水)   CATEGORY: 未分類
変革
突然だが、まだ引退はしない。

話変わって、今日の出来事を書こうと思う。
私は今日、「変革」を見た。

アメリカという世界でもっとも巨大で強力な力を持った国の変革をだ。

建国以来、常に白人が大統領になり今なお人種差別の続くアメリカで、黒人の大統領が誕生した事はアメリカだけでなく、世界においても変革を促す大きな流れを生み出すものと私は信じている。

バラク・オバマ、彼はアメリカだけでなく世界をも変革し得る人間だと私は信じている。

そして、この変革の渦の中に我々、日本も入らなければならないという事も。

我々は、日本という国家は、今まで何をしてきたのか?
確かに、我々は経済という面では成長し、経済大国になったかもしれない。

確かに、平和な国であるかもしれない。
だが、我々はもう道に詰まっている。

我々は進むことを止めてしまっている。
何故か?

恐れているのだ、進む事を未来に足を踏み入れるという事を、変革を恐れてきたのだ。

ゆえに我々、日本の時は止まってしまっている。戦後から我々の時は止まってしまっているのだ。

よその国の顔色を伺いながら、態度をコロコロと変えるのが外交だろうか?

明らかに我々に敵対思想を持った国に対して専守防衛という言葉を守る事が果たして正しいのだろうか?

今こそ問われなければならないのではないか?
我々はどうあるべきなのかを。

何を成すべきなのかを。

取り戻すのだ、我々が失った国家としての誇りや、信念を。

今この国に生きる全ての人の力で。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ざいふぁーぶろぐ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。